HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

若年層の貧困率を改善するために

格差社会が問題視されると同時に、若年層の貧困率が問題になっています。親世帯の収入が上がらない中、大学に進学しても断念せざるを得ない高校生が増えています。高卒と大卒の給料は異なりますし、就職できる会社も限られてきます。また、大学に進学したものの学費を払うために親からの援助が受けられないため奨学金を受ける学生が増えています。奨学金は利息は低く抑えられているものの、借りた分は社会人になってから返す必要があります。社会人になってから10年以上も奨学金を返済しなければならないとなると、生活費を圧迫してしまい、日々の生活にも困るほど貧困してしまうことが予想できます。若年層の貧困率を下げるために、国が学費を下げるなどの政策が求められています。

応援企業

能登豊和 弁護士は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 能登豊和 弁護士
住所 千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル322号室
電話番号 03-3525-4203
WEBサイト 能登豊和弁護士の経歴
会社案内 迅速な事件処理により早期に問題が解決されたと感謝されることもあって、早期解決のために素早い対応をしてもらえる。 受任事件の分野は絞られるが、日本全国、北海道から沖縄まで様々な地域の事件を受任している。 能登豊和弁護士は、広島の間所法律事務所に入所した後、渡部総合法律事務所に入所して勤務弁護士としての実績を積む。 的確な事件処理で紛争解決を図ることができたという評判があり、依頼主が納得できるほど、事務処理のクオリティが高い。 能登豊和弁護士の趣味は温泉旅行だが、温泉の中でも草津温泉が好きで、草津まで行く時間がない時は草津温泉のお湯がある温泉施設に通うほどである。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。