第37回 ナショナル・トラスト全国大会
         -遺産でよみがえる 美しい自然-

全国大会は、ナショナル・トラスト活動に関心のある方への情報発信と、トラスト活動を行っている団体同士の交流を主な目的として開催しています。

今年のテーマは「遺産でよみがえる 美しい自然」。
 個人の遺産を美しいまちづくりのために役立てる方法として、近年、関心が高まっている「遺贈」について理解を深めたいと思います。
 終活や看取りなど人生のエンディング段階を社会でどう支えるかについて取材・研究を続ける星野哲氏の講演を通じて、寄付する側とその思いを受け継ぐ団体が理解を深めながら良い関係を築き、公益的な活動の推進につなげていくきっかけとしたいと思います。
 また、個人の財産の一部を環境団体などに寄付する「みどりの遺言」プロジェクトを全国に広める活動を進めている日本環境法律家連盟(JELF)からの情報提供も予定しています。

■日時
  2019年12月21日(土) 【第一部】14:00~(13:30開場)
              【第二部 交流会】17:15~


■会場

  ワテラスコモン3Fワテラスコモンホール(東京都千代田区) →アクセス

■主なプログラム

 「遺贈寄付 最期のお金の活かし方」
  立教大学社会デザイン研究所研究員、同大学院兼任講師 星野哲氏

 「みどりの遺言プロジェクトについて」
 (一社)日本環境法律家連盟 弁護士 吉田理人氏

 「森守りトラストの取り組みについて(仮)」
 (公社)大阪自然環境保全協会 理事 岡秀郎氏

 「霧多布湿原を未来の子どもたちに引き継ぐために(仮)」
  認定NPO法人 霧多布湿原ナショナル・トラスト 理事長 小川浩子氏



■主催
  (公社)日本ナショナル・トラスト協会

■後援
  環境省


                                         2019.10.8更新

■過去の開催記録
  2009年度   2010年度   2011年度   2012年度   2013年度   2014年度   2015年度   2016年度   2017年度   2018年度